›2 18, 2009

TOKYO AIM(東証プロ向け新興市場)

以前から注目してきた東証のプロ向け新興市場が今春(2009年)春より開催される予定だ。
過去にも取り上げてきたが、趣旨は大きく違わない。
東証プロ向け新市場(J-AIM)

HPもできている。
http://www.tokyo-aim.com/

TOKYO AIMは東証がロンドンのAIM市場と提携してつくられる新市場である。2008年12月末現在のロンドンAIM上場会社数は1,550社。特徴は機関投資家や証券会社などのプロ限定であり、上場コストが安く、米国ナスダック等と比べてベンチャー企業にとって敷居が低いことがあげられる。

また、ロンドンAIMは「Nomad」制度があり、指定アドバイザー(日本の証券会社の主幹事のようなもの)が上場後も責任を負うという特徴がある。日本では、J-Nomadと称される。
J-Nomadは、上場申請会社の上場適格性を評価するとともに、上場までの過程で助言・指導を行う。
上場後も、上場企業はJ-Nomadとの契約維持が義務付けられる。
J-Nomadは上場企業が市場のルール(特に開示に関する義務)を継続的に遵守するよう指導する。

J-Nomadは日本では証券会社がなると思われるが、かなりのリスクを負うことを考えると引受費用は高額になるのではないかと懸念されるのだが。

上場を目指すベンチャー企業にとってみたら期待感があると思う。既存の新興市場(ジャスダック、マザース、ヘラクレス、セントレックス、NEO、Q-Bord、アンビシャス)はかなり問題を抱えている。
大手監査法人の厳格監査と規制強化により審査が緩かった時代に上場した企業は、現在軒並み苦労している。内部監査も義務付けられ、四半期決算にIR対応と多額のコストが必要になってきている。最も大きな問題は株安である。
ジャスダック、マザース、ヘラクレス以外の新興市場は投資家の参加者数も少なく、存続が危ぶまれているようである。最も新しい新興市場のNEOも上場要件は厳しい。

TOKYO AIMは、まず上場審査が緩いというのが最も魅力的であろう。資金が必要なベンチャー企業が上場のために2年間も監査と対応で莫大な費用が必要という現在の新興市場の仕組みは大きな問題である。
過去のベンチャーブームの時は、監査法人は緩い監査で、バックデート監査が有効で、費用も上場後に監査を引き受けるのを目的とした成功報酬に近いモデルであった。

TOKYO AIMはそこまで緩くはないが、監査法人による(直前期のみ)監査報告書等(無限定適正意見)という要件は魅力的である。J-SOXや四半期決算にも縛られない。

また、個人投資家による糾弾(掲示板での書き込みや株主総会)という問題も自己責任意識の強いプロに限定されれば少ないのではないか?

問題は、TOKYO AIMが成り立つかという不安である。プロである機関投資家のポートフォリオにこれまでも新興市場への投資という選択肢は非常に少なかった。さらにこのご時世である。新興市場がこれだけある中で、あえてプロがTOKYO AIMに投資をするのだろうか?

この点が非常に気になるところである。


Comments