›5 03, 2010

ゴールドマン・サックス詐欺 信用できる投資銀行はあるのか?

Category: 日々雑感 / 0 Comments: Post / View

「いずれ全てが崩る・・華麗なるファブ様こと俺様だけが生き残る」 Goldman Sachsの元VicePresident Fabrice Tourre氏

“The whole building is about to collapse anytime now…
Only potential survivor, the fabulous Fab…
standing in the middle of all these complex, highly leveraged, exotic trades he created without necessary understanding all the implications of those monstruosities!!!”

SECがGoldman Sachsを詐欺容疑で訴追した問題は、Goldman SachsのVicePresidentの酷く下品なメールで話題となった。
問題なのは、CDO(Collateralized Debt Obligations)を、破綻することを仕組んで投資家に十分な情報を提供せずに販売したことだ。
金融機関としては許されない利益相反であり、詐欺だと思う。

米上院の公聴会では、民主党レビン委員長が「ゴミのような証券化商品を売りつけた」、「ゴールドマンの社員は客に勧めた証券を、内部で『くず』や『ゴミ』と呼んでいた。それを何とも思わないのか」とGS幹部を非難した。

顧客をゴミと呼ぶので10年以上前の日本の証券会社を思い出した。当時話題になったのは、個人投資家を「ドブ」と呼び、顧客営業を「ドブさらい」と呼んでいたのが問題となった。ドブに金を捨てるかららしい。

その昔、ファーストフードのアルバイトをやっていた高校時代でも「お客様は神様」と教わったものだが、金融の世界では「客はカモ」としか見ていないのだろうか。
何ともふざけた話で、このような金融機関とは絶対に付き合いたくないと思うのだが。

Comments