›11 25, 2006

セーフティネット

Category: 資産運用 / 0 Comments: Post / View

金融商品のセーフティネットとして、預金者を保護するための預金保険制度、保険契約者を保護するための保険契約者保護機構、投資家保護のための投資者保護基金がある。

□預金保険制度
預金保険制度とは、金融機関の経営破たん時に預金者の保護を図り、信用秩序を維持するための制度である。

・預金者保護
預金保険機構は破たん金融機関の救済金融機関に対して資金援助を行う。救済金融機関が現れない場合、元本1000万円とその利息を上限として預金保険の保険金の支払を行い預金者を保護する。

□預金保険制度の保護対象とならないもの
・外貨預金
・譲渡性預金
・ヒット
・スーパーヒット
・抵当証券
etc.

□金融商品販売法
販売者が金融商品の販売において顧客に説明すべき事項の説明義務を怠り、顧客が損害をこうむったときは、業者が損害賠償を負うという法律。

□販売や勧誘における禁止事項
業者は金融商品の販売等に関わる勧誘に際して、その適正の確保に努めなければならない。

□消費者契約法
事業者の一定行為により契約者が誤認、困惑した場合に契約の申し込み、承諾を取り消すことが出来る法律。




Comments