›6 19, 2008

エンジェル投資家

エンジェル投資家とは直訳すると天使の投資家だが、意味としては創業間もないベンチャー企業に対し、個人として出資する株主のことである。
資金調達手段の乏しいベンチャー企業にとっては天使的存在である。

エンジェル投資家に対しては各国優遇処置(投資額の一定比率を税額控除など)があり、エンジェル投資家は事業のビジョンや使命、事業計画に共感して投資を行う。金融商品としてはハイリスクハイリターンである。

日本では、エンジエル投資というのはまだまだ規模が小さい。

「ベンチャー企業の創出・成長に関する研究会 最終報告書」によると、エンジェル投資家は高額所得者や資産家に限られず、平均的には年収1000万円程度、純資産1億円以下のアッパー・ミドルクラスの人々らしい。

自分が米国でエンジェル投資家の会を見学した際は、みすぼらしい格好のエンジェル投資家に対して創業間もないベンチャーが必死でアピールをしていた。100社を超えるベンチャーが集まり、短い時間でアピールをし、その後エンジェル投資家が個別に経営者と対話するスタイルだった。

このような会が米国ではいたるところで、しょっちゅう開かれていると聞いた。

日本ではそういった話は自分は聞いた事がない。(活動はしているらしいが)

Comments