›5 12, 2010

強制捜査エフオーアイとプロデュースの粉飾類似点

Category: 日々雑感 / 0 Comments: Post / View

今朝、マザーズ上場の半導体装置メーカのエフオーアイに強制捜査が入るニュースが流れた。
その後の情報で、決算の粉飾額は100億円規模に上るとみられるそうだ。
有価証券報告書の売上高は08年3月期で約94億円、09年3月期には約118億円なので、その粉飾額の大きさに驚かされる。

そしてこのエフオーアイの事件で一昨年のジャスダック上場の装置メーカのプロデュースの強制捜査事件を思い出した。

プロデュースの粉飾は循環取引であり、売上高が2007年6月期までの3年間で100億円以上水増しされたという事件であり、創業者で社長であった佐藤英児被告はその後逮捕され実刑判決を受けた。当時は製造業でネットベンチャーのような循環取引による粉飾ということでずいぶん驚いた記憶がある。

エフオーアイは上場前までに、資本金が60億もあり100億以上の資本による調達を行っており、そのこと自体にまず驚かされる。上場直前での駆け込みによるVC(ベンチャーキャピタル)の出資も多い。まだ粉飾の内容がわからないが、金融危機以降に売上が大きく落ち込み、上場も会社存続も危機に瀕した中で粉飾を行ったのではなかろうか。その後エフオーアイはIPOで52億円を調達しているが、VCにはロックアップ(株式の売却の期間制限)が掛かっており、そのロックアップ解除まであと1週間での今回の強制捜査だ。

今回EDINETからエフオーアイの新規上場における目論見書を読んでみたが、プロデュースと似た決算書に見えた。金融危機にもかかわらず売上・経常利益も影響を受けていないどころか成長企業に見える。その反面営業キャッシュフローが大幅にマイナスであり、その点を売掛金が非常に大きいが、半導体装置のため納品から顧客の入金が極めて長いスパンであることが書かれている。

循環取引や架空取引では売上の数値は上げれても、金が入ってこないためキャッシュフローはマイナスになる。しかし実際に成長企業の場合は売上が急上昇しておりキャッシュフローがマイナスのままのところも多く、資金需要が大きい場合もあるので、その点を巧妙にごまかしていると今から見れば思える。プロデュースもここが不自然であると以前から指摘されていた。

しかし、利益が出ているのは不思議であり、ここも単なる循環取引や架空取引以外の利益計上がなされている可能性がある。

監査証明は全然知らない小さな会社であり、上場企業の監査法人が大手数社に独占されている点からも疑われる要因だ。プロデュースでは小さな監査法人が共謀して粉飾に携わっていた。

上場審査には監査法人のチェック、VCによる自社内のチェック、主幹事証券会社によるチェック、証券取引所によるチェックと多くの関門があるのだが、よくそれを潜り抜けたと思う。逆にいえば、この粉飾を見抜けなかったというのはどうもおかしいとしか思えない。本当にそれぞれの会社や機関は粉飾を見抜くこともできないレベルなのだろうか?

プロデュースの元社長の佐藤英児被告は動機について、VCに上場しろと言われ、上場できないと潰れると思ってやったと言っていた。しかし結果として上場できなくて会社が倒産する以上の悲惨な結果となっている。このような大きな粉飾は1度行うと続けないとつじつまが合わなくなり、いつかは綻びが出て破綻する。

エフオーアイの粉飾に誰がかかわったか現時点では不明だが、報道されている100億規模の粉飾であれば、すぐにつじつまが合わなくなるのは容易に想定できる。犯罪を隠しながら生活し事業を行うというのは精神的にも相当な負担がかるだろう。それでも何故粉飾を行ったのだろうか?

企業の経営者は借入に個人補償を伴う。返済できないと会社が倒産しても個人で借金を被らないといけない。最近はVCから調達する際にも個人補償を取るケースが増えている(エフオーアイに関しての個別のVCとの契約は不明だが)。それに加えて社員や取引先など多くの関係者への責任も伴い、大変な重責がある。また上場すると持ち株を売却することで多額の金が入ってくることと、個人補償という重責から解放されるという大きなメリットがある。

エフオーアイの粉飾の動機は不明だが、これまでの情報だとどうもプロデュースと類似していると思いだしてしまう。
ロックアップが解除されてからでは、VCが売却する株が個人投資家にも多く流れ被害の人員数は大きくなることから強制捜査に踏み込んだと報道された。プロデュースは強制捜査後にストップ安が続き、1週間ほどで民事再生、それに伴い上場廃止と多くの個人投資家に被害をもたらした。
今回はVCはどうなるのか?プロデュースと同様の結果になるのであれば、VCは売却できずに投資額は無価値になるだろう。

まだ強制捜査というニュースだけで色々な憶測が飛び交っているが、事実をはやく知りたい。

Comments